50歳からの女一人旅〜海外から国内日帰り旅行まで

50代だっておしゃれに旅したい、ホテルステイ、名古屋近郊日帰り旅、夫婦旅、一人アフタヌーンティー、旅ファッション、50代美容など。

国内旅行

【おひとりさま京都】春の1泊2日女一人旅へ行ってきました

投稿日:

京都1泊2日一人旅

考えてみれば春の京都へ旅したことがない。

花見見物で観光客でごった返していそうだから敬遠していましたが、行くなら今年しかない!

というわけで、1泊2日で春の京都を楽しんできました。

スポンサーリンク


 

春の1泊2日京都女一人旅

今までは春や秋の京都観光は避けてきました。

どこに行っても観光客でいっぱい、泊まってみたいホテルはずいぶん前から満室、まともに食べることができるお店もない、とにかくゆっくり楽しむなんてできないと思ったからです。

春の京都へ行くなら今年しかない、そう思って禁断の春の花見シーズンの京都へ1泊2日で旅してきました。

 

パークハイアット京都でおひとりさまアフタヌーンティー

パークハイアット京都のアフタヌーンティー

パークハイアット京都でアフタヌーンティー

しばらく糖質制限していたのでアフタヌーンティーは敬遠していましたが、最近は代謝も良くなったせいか体重も落ち着いてきたのでアフタヌーンティー解禁です。

パクーハイアット京都のアフタヌーンティーはコース形式だそうだ、ということを聞いて出かけてみました。

場所は二寧坂を下りきってきたところ、観光客も特に多い界隈です。

中に入ってみると外の喧騒が嘘のような静けさ。

コース形式の良さは、温かいものは温かいうちに、冷たいものは冷たいうちに、最もおいしいタイミングでいただけるところ。

宿泊することはそうそうできませんが、観光客でごった返していないし、ジズかで大人の空間にリピート決定。

メニューは3か月ごとに変更されるそうなので、季節ごとに違う味わいを楽しみたいですね。

パークハイアット京都のアフタヌーンティーに関してはこちらで詳しくご紹介しています。

 

パークハイアット京都のアフタヌーンティーの記事

 

鳩居堂でお買い物

京都1泊2日一人旅

鳩居堂本店

アフタヌーンティー後は河原町辺りをぷらぷら歩いてお買い物。

お香や和紙製品、大人かわいい便箋やポチ袋を扱っている京都鳩居堂本店へ行ってみました。

義母はとても筆まめで、私たち夫婦が結婚した当初より絵手紙や美しい文字で書かれた手紙を受け取っていました。

字を書くのが苦手なのを言い訳に返事も送らず、無作法を続けていた私に見切りをつけたのか、義母は孫にもせっせと手紙を送るようになり、息子と娘は義母の教えあってマメに手紙を書く習慣を得られているようです。

私も最近ようやくですが、少しずつ手紙を書けるようになりました。

大人の便箋はやっぱり鳩居堂よね、と形から入るのも悪くない。

店内にはきっと筆まめで美しい文字を書くのだろうと思われる素敵なマダム多し。

京都1泊2日一人旅

鳩居堂で購入したもの

自分にはシンプルな便箋と封筒、一筆箋を購入。

文を書くのは嫌いではない、まずは丁寧に文字を書くことから始めようと思います。

京都鳩居堂本店

住所:京都市中京区寺町姉小路上ル下本能寺前町520

公式HP:https://kyukyodo.co.jp/index.html

 

スポンサーリンク


 

アート&カルチャー「アンテルーム京都」で宿泊

アンテルーム京都の朝食」

とにかくボリューム満点「アンテルーム京都」の朝食

宿泊はアート&カルチャーがコンセプトの「アンテルーム京都」にしました。

地下鉄の九条駅と十条駅の真ん中くらいであまりアクセスは良くないのですが、他の人の良い口コミなどを見て泊まってみたくなりました。

最初は「ここって若い人向けのホテルかも?」と思いましたが、若い人も多いけど私世代の一人旅や夫婦も多かったです。

部屋も広くて快適ですし、何より朝食のレベルが高かった。

京都のホテルとして立地は良いとは言えないけれど、何よりスタッフの情熱を感じられるようなホテルでした。

アンテルーム京都に関してはこちらで詳しくご紹介しています。

 

「アンテルーム京都」の記事

 

京都府立植物園で夜桜見学

チェックインを済ませた後には夜の花見見物へ。

京都1泊2日一人旅

京都府立植物園で夜桜見物

とにかく観光客が少なくてゆっくりみられる場所、京都で夜桜見物したことないからライトアップしてる場所などを考慮して、京都府立植物園へ行ってみました。

総面積24ヘクタールの広大な敷地内には1万2000種類もの植物があり、桜林にはしだれ桜や山桜、ソメイヨシノなど様々な種類の桜が咲き誇っています。

期間中は18時よりライトアップ開始、来園者はそこそこいましたが、京都の他の桜の見どころより全然空いていると思いました。

京都1泊2日一人旅

熱帯植物園も楽しめる!

日本最大級という回遊式の観覧温室も無料で楽しめて、たくさんのお花を見ることができて大満足。

パイナップルやカカオ、バニラなどのスイーツ食材も実際に生育しているところが見られました。

宿泊した「アンテルーム京都」から地下鉄で1本で行けるのも便利でした。

京都府立植物園

住所:京都市左京区下鴨半木町

公式HP:https://www.pref.kyoto.jp/plant/

 

 

両足院で写経体験

翌日は朝10時から両足院で写経を体験しました。

小一時間文字を書くことに集中して邪念を払いスッキリさせれば、また新しい気づきも生まれるような気がします。

疲れたら目の前にある絵画のような景色を眺めて癒される。

両足院で写経体験

窓からのすばらしい眺め

春の眺めもすばらしいですが、季節によってまた違う風景を見せてくれるのでしょうね。

書き上げた写経はしっかりと奉納してもらえます。

こちらでは座禅体験もできるので次回はぜひそちらも体験したいと思っています。

 

両足院は建仁寺の境内にあります。

少しわかりずらかったので注意してください。

こちらに両足院の行き方や写経体験を詳しくご紹介しています。

 

両足院で写経体験の記事

 

幕末維新ミュージアム「霊山歴史館」と霊山護国神社

昨年の大河ドラマ「青天を衝け」を見てから幕末の歴史に興味を持つようになりました。

以前だったらスルーしてましたが、今回はしっかりと予定に組み込んで来館。

京都1泊2日一人旅

「龍馬坂」を歩く

二寧坂から小道に入ったころなんですが、あちらの賑わいはこちらには全くありません。

ここは慶応3年11月18日、海援隊士や陸援隊士らによる坂本龍馬と中岡慎太郎の葬列が通った道だそうです。

一歩一歩当時を偲びながらこの坂を上ります。

坂を登り切ってから左に歩いていくと霊山護国神社、その手前に幕末維新ミュージアム「霊山歴史館」があります。

京都1泊2日一人旅

幕末維新ミュージアム「霊山歴史館」

展示物をじっくり眺めていたらあっという間に時間が過ぎます。

その後霊山護国神社を参拝しました。

京都1泊2日一人旅

300円支払って志士が眠る霊山へ

志士たち1043名が眠る霊山へ、天気も良いハイキングがてら回る人が多数いました。

京都1泊2日一人旅

坂本龍馬と中岡慎太郎の墓

当たり前だけど、墓を前にすると実在の人物なんだって実感します。

別に疑ってるわけじゃないんですが。

京都1泊2日一人旅

こちらからの眺めも最高です

てくてく歩きながら現在の日本を作ってくださった方々に感謝します。

幕末維新ミュージアム「霊山歴史館」

住所:京都市東山区清閑寺霊山町1

公式HP:https://www.ryozen-museum.or.jp

 

 

旅の最後に開花堂カフェでひと休み

旅の締めくくりに開花堂カフェへ立ち寄りました。

開化堂カフェの写真

カップもチョコレートのトレイもかわいい!

開化堂は、明治8年創業の日本で一番古い歴史をもつ手作り茶筒の老舗ですが、その開花堂さんが始めたカフェがkaikado cafe(開花堂カフェ)です。

店内も落ち着くし、コーヒーもおいしいし、京都駅にも近いので、旅の締めくくりカフェにいかがでしょうか。

開花堂カフェの様子はこちらで詳しくご紹介しています。

 

開花堂カフェの記事

 

スポンサーリンク


 

春の京都1泊2日女一人旅・まとめ

日本人観光客しかいない京都、こんな京都は久しぶりでした。

日本人ばかりですが、やはり花見シーズンはたくさんの観光客でいっぱいでした。

京都は観光地なだけにホテルのレベルも高いし、歴史もあるし、美味しいものもたくさんで何回出かけてもまた新しい発見があります。

次回は今日の町の幕末維新スポット巡りもしてみたいと思います。

 

スポンサーリンク





 

-国内旅行
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【恋の三社めぐり】恋の霊水、恋の水、恋愛成就の高牟神社へ行ってみた

名古屋市内の恋の三社めぐりの一社、高牟神社へ行ってきました。 恋の三社めぐりとは、城山八幡宮、山田天満宮、高牟神社の三社で、縁結び、良縁祈願、恋愛成就をお願いし、また、各社でもらえるスタンプを集めて恋 …

【初めての尾道観光】坂と海と猫、ここだけ見れば満足できた!尾道旅行記

広島旅行の帰り道、せっかく広島まで来たのにこのまま帰るのはもったいない、広島からも新幹線で40分で行ける!そう思って立ち寄った尾道。 尾道といえばやっぱり私たち世代は大林宣彦監督の映画「転校生」の舞台 …

「戸隠神社」隋神門の写真

【戸隠神社旅行記】特急しなので名古屋から長野へ、戸隠そばも堪能しました!

以前から戸隠神社へ行きたいと言っていた夫。 そして、戸隠神社に「呼ばれた」とも言っていました。 私はというとそんな感覚が全くわからない種類の人間なんですが、これは夫の言うことに従ってみようと戸隠神社旅 …

【京都嵐山】願い事は一つだけ、ありがたい鈴虫説法も魅力の一つ鈴虫寺

ありがたい説法をいただけるお寺として有名な通称「鈴虫寺」妙徳山華厳寺を知っていますか? 京都への初詣のついでに立ち寄った「鈴虫寺」をご紹介します。 スポンサーリンク 目次1 鈴虫寺基本情報1.1 鈴虫 …

京都瑠璃光院の春と秋の特別拝観がぜひおすすめ!絶景!春の青もみじ

京都市八瀬の瑠璃光院をご存知ですか? 新緑の青もみじが美しいこの季節と、秋の紅葉が超人気のスポットなのですが、実は私知りませんでした。 たまたま朝の情報番組で紹介しており、京都に行く予定があったのでち …

管理人プロフィール

管理人:chiho

初めまして、chihoと申します。ごく普通の旅好き主婦です。気がつけば50代、これからの人生は好きなことをしていこうと決意し、このブログを開設しました。50代からの旅はのんびり、やりたいことだけ!私の経験が少しでも皆さまのお役に立てば嬉しいです。

詳しくはこちらをご覧ください。

管理人プロフィール