50歳からの女一人旅・夫婦旅

50代だっておしゃれに旅したい、夫婦旅、ホテルステイ、名古屋近郊日帰り旅、一人アフタヌーンティー、旅ファッション、50代ライフなど。

ホテル 国内ホテル

【鳥羽国際ホテル宿泊記】フレンチ夕食や朝食ビュッフェに大満足です!

投稿日:

鳥羽国際ホテル宿泊記

こんにちは。

今回は三重の旅です。

鳥羽にあるエリザベス女王も宿泊されたことがある老舗ホテル鳥羽国際ホテルへ行ってきました。

名古屋から近鉄特急で1時間半とアクセス抜群の立地、海の見える部屋に美味しいフレンチディナーと朝食ビュッフェを楽しんできました。

スポンサーリンク


 

鳥羽国際ホテル宿泊記

鳥羽国際ホテル部屋の選び方

タツノオトシゴの取っ手が付いたドア

近鉄名古屋駅より特急で90分で鳥羽駅到着、電車の旅って好きなんですよね、車窓を眺めるのが好きっていうか。

鳥羽駅ではホテルへの送迎バスがあるのでそちらを利用します。

送迎バスで3分ほどでホテルへ到着。

入り口ではタツノオトシゴが出迎えてくれます。

この向かい合ったタツノオトシゴは、鳥羽国際ホテルのモチーフでもあるんです。

鳥羽国際ホテル部屋の選び方

十五夜飾り

入り口を入ると十五夜のお飾りが飾られていました。

鳥羽国際ホテル宿泊記

リゾート感溢れる白いソファーが置かれたロビー

ロビーもリゾート感溢れる雰囲気。

 

目の前に海が広がるテラス

そしてガラスの向こうは目の前に海が広がるテラスがあります。

鳥羽国際ホテル宿泊記

青い空、青い海を堪能できるテラス

これぞリゾート!

椅子に座ってボーッとするのもいいですねと言いながら、さすがに紫外線が気になるのでボーッとするのは日が落ちてからにしました。

鳥羽国際ホテル宿泊記

美しく透き通る三重の海

海の水が透き通っている、海って心が癒されますよね。

 

オーシャンウィングとハーバーウィングの二つの棟あり

鳥羽国際ホテルには海に面したオーシャンウィングと、港に面したハーバーウィングの二つの棟があります。

それぞれ色々な部屋があるので、部屋の選び方はこちらの記事で書いていますのでぜひご覧下さい。

関連記事

 

 

ハーバーウィングハーバービューツインプレミアムの部屋の様子

今回はハーバーウィングのハーバービューツインプレミアムの部屋を予約しました。

部屋の広さは33㎡で、二人で過ごすには十分な広さがあります。

鳥羽国際ホテル部屋の選び方

広々として快適な使い心地の部屋

こちらの客室は、2019年に改装されたばかりでとてもきれいな部屋でした。

鳥羽国際ホテル宿泊記

窓の外には鳥羽港が見えます

窓からは鳥羽港が見えます。

少し左の方向に目をやると、先ほどのテラスからの海の眺めも見えますし、朝日も見えるんです。

鳥羽国際ホテル宿泊記

自称朝日ウォッチャー

少し松の木に隠れていますが、朝は日が昇るところも見えました。

鳥羽国際ホテル宿泊記

テレビ&デスク周り

テレビはこんな感じ、これくらいのサイズで十分です。

夜はナイター見るくらいだし。

鳥羽国際ホテル宿泊記

洗面コーナー

シンプルな洗面コーナーが入り口の近くにあります。

鏡に映った扉はトイレ、その隣にバスルームがあります。

鳥羽国際ホテル宿泊記

浴槽は広めで洗い場も大きい!

大きめの浴槽に洗う場も付いてすごく使いやすい。

一つ注文をつけるとすれば、温水と冷水をひねって調節するタイプなので低温にするのが面倒でもあった。

鳥羽国際ホテル宿泊記

シャンプー、リンス、ボディソープはミキモト化粧品のもの

シャワーキャップ、コットン&綿棒、歯磨きセット、ヘアブラシ、ボディスポンジなど必要なアメニティーは揃っています。

パジャマはズボン付きタイプで柔らかい生地で気持ち良く眠れました。

備え付けボトルのシャンプ、リンス、ボディソープはミキモト化粧品のものです。

ミキモト化粧品の使用感は特に可もなく不可もないですが、泡立ちも良いし、髪がキシんだりパサつくこともないので、ホテルの備品レベルで合格点です。

鳥羽国際ホテル宿泊記

娘が気に入ったお茶受けのあおさ香りせんべい

熊野古道の水のペットボトルが2本、ドリップパックコーヒーと、紅茶、伊勢茶のティーバッグが2つずつあり。

お茶受けに置いてあったおせんべいがすごく美味しかったらしく、娘はお土産でも購入していました。

部屋に関しては私も娘も大満足でした。

 

メインダイニング「シーホース」での夕食

夕食はメインダイニング「シーホース」でフレンチを予約しました。

シーホースってタツノオトシゴのことなんですよ。

鳥羽国際ホテル宿泊記

窓の外には鳥羽湾が広がります

レストランはオーシャンウィングにあり、ガラス張りの窓からは鳥羽湾が見えますが、東向きにあるためにサンセットは見ることができません。

海が見えるレストランというだけでテンションが上がります。

鳥羽国際ホテル宿泊記

帆立貝と鮮魚のサラダ仕立て エメラルドソースとトマトのクーリ

スパークリングワインで乾杯して、まずは伊勢海老を使った前菜。

オクラやヤングコーンなどの夏野菜と、キウイソースとトマトソースが目にも美しい一皿です。

鳥羽国際ホテル宿泊記

冷静オニオンポタージュスープ

2品目の冷静スープ。

鳥羽国際ホテル宿泊記

伊勢海老のオリーブオイルグリエ シェリーヴィネガーソース

3皿目はやっぱり伊勢海老〜!

伊勢志摩に来たら伊勢海老ですね、やっぱり。

鳥羽国際ホテル宿泊記

お口直しのグラニテ

お口直しにぶどうのシャーベット。

鳥羽国際ホテル宿泊記

イサキのポワレ バジル風味

メインは5種類くらいから選べます。

+1650円でアワビステーキもあります。

魚料理は苦手だけど、フレンチやイタリアンの魚料理は好き、美味しい。

鳥羽国際ホテル宿泊記

本日のデザート マンゴームース

ホテルのスタッフの方の接客も程よい距離感で居心地が良い。

ホテルの雰囲気、料理の味、スタッフの質、全てにおいてコスパが良いです。

鳥羽国際ホテル宿泊記

フィナンシェと生チョコレート

お客様は私よりもう少し先輩のご夫婦、若いカップル、家族連れなど様々ですが、それぞれが良い時間を過ごせる雰囲気のレストランでした。

動物性食材などを一切使用しないヴィーガンコースもあるそうです。

 

 

大浴場は隣の潮路亭へ

別館に潮路亭という温泉旅館があり、そちらの大浴場を使用することができます。

夕食後は混雑するので朝6時ごろに大浴場へ行ってみました。

潮路亭まではハーバーウィング1階からの通路を利用すると3分ほどで到着しますが、フロントに電話すれば大浴場の営業時間内であれば車で送迎してもらえます。

鳥羽国際ホテル宿泊記

宿泊者は潮路亭の大浴場を利用できます

大浴場にはオーロラ色に輝くパールオーロラ風呂というのがあるのですが、これは真珠由来成分を配合したもので、真珠とアコヤ貝からしか抽出できない希少な真珠の恵み(パールコンキオリン・ピュアパールミネラル・パールコラーゲン)により、真珠のように輝く肌“真珠肌”へ導くそうです。

夜9〜10時は混み合う時間帯なので避けた方が良いかも、私たちは朝6時ごろに利用しましたがそれでも他に数名いました。

鳥羽国際ホテル宿泊記

伊勢神宮で行列ができる山村乳業の販売機

風呂上がりの牛乳販売機、山村乳業っていう有名な牛乳屋さんだそうです。

この牛乳は朝食ブッフェにもありましたよ。

牛乳販売機の隣は無料の黒豆茶がありました。

部屋に用意されているパジャマでは大浴場に行くことができないので、お風呂用に脱ぎ着しやすい服(カットソー素材の上下とかワンピースとか)を持参されるといいと思います。

 

朝食はビュッフェ形式

朝食は夕食会場と同じく「シーホース」でビュッフェ形式でした。

7時半過ぎに行きましたが、すでに混雑してました。

鳥羽国際ホテル宿泊記

料理は和惣菜から洋食、スイーツなど盛りだくさんでした

料理は一通りの和食料理と洋食料理があって、それがまた全部美味しくって大満足でした。

煮物からサラダ、パンやスープなど全部美味しかった。

ココナッツミルクカレーもあって、それがまた美味しかった。

オムレツにはトマトソースの他にあおさ入りのクリームソースもあり。

スイーツもホテル自慢のチーズケーキを使ったものもありました。

ビュッフェ料理ということであまり期待していなかったのですが、とにかく全て平均以上に美味しくって満足でした。

人気があるホテルだからかとにかく人が多くて混雑しており、場合によっては待たされることもあるそうです。

子供から大人まで楽しめるラインナップで、人気の秘密がわかる気がします。

 

 

 

鳥羽国際ホテルまとめ

朝食後もチェックアウトまで部屋でだらだらしてから帰路につきました。

率直な感想は、とにかくコスパが良い。

ホテルのスタッフの方の対応もすばらしいし、夕食や朝食もクオリティが高いと思いました。

ホテルでのんびり過ごすも良し、車で25分の伊勢神宮参りをするも良し、三重旅行におすすめのホテルです。

 

【志摩観光ホテルザクラシック宿泊記】夏のホテルでの過ごし方

【伊豆北川温泉「望水」宿泊記】実際泊まってみてのおすすめの過ごし方

スポンサーリンク





 

-ホテル, 国内ホテル
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【志摩観光ホテルザクラシック宿泊記】夏のホテルでの過ごし方

こんにちは。 三重県賢島にある志摩観光ホテルへ娘と宿泊してきました。 今回は二人でのんびりホテルで過ごした様子をご紹介します。 スポンサーリンク   目次1 志摩観光ホテルザクラシック1泊2 …

ザリッツカールトン宿泊記

【ザリッツカールトン大阪宿泊記】実際に泊まってみての率直な感想など

こんにちは。 いきなり私たち夫婦の話ですが、1年ほど軽い家庭内別居状態でしたが、久しぶりに夫と出かけました。 夫婦っていろいろありますよ。 今回は夫と宿泊したザリッツカールトン大阪宿泊記です。 スポン …

【フェアフィールドbyマリオット京都天橋立宿泊記】客室や館内の様子をご紹介、天橋立観光に!

京都宮津にオープンしたフェアフィールドマリオット フェアフィールドはマリオットボンヴォイのエコノミータイプの宿泊施設、ここ最近日本にも2020年10月より各地で開業しています。 その一つのフェアフィー …

アメニティー持ち帰って良いものダメなもの

【ハレクラニ沖縄滞在記】プレミアオーシャンビュー、ビーチフロントウィングに宿泊!

2019年7月26日に沖縄恩納村にオープンしたハワイの超名門ホテルハレクラニへ夫婦で2泊宿泊してきました。   実はあまり期待していなかったハレクラニ、それが心ときめくおもてなしにすっかり虜 …

「W大阪」朝食の様子

【W大阪朝食レポ】「Oh.lala…」での朝食の様子をご紹介します!

W大阪の「LIVINGROOM」でのデトックスブレックファスト 2021年3月にオープンしたW大阪、2021年7月に宿泊してきました。 噂通りの素敵なホテルで、ホテルステイを満喫してきました。 今回は …

管理人プロフィール

管理人:chiho

初めまして、chihoと申します。ごく普通の旅好き主婦です。気がつけば50代、これからの人生は好きなことをしていこうと決意し、このブログを開設しました。50代からの旅はのんびり、やりたいことだけ!私の経験が少しでも皆さまのお役に立てば嬉しいです。

詳しくはこちらをご覧ください。

管理人プロフィール

チャンネル登録はこちら