国内旅行

【名古屋日帰り旅】関善光寺の卍型階段巡りと安桜山公園展望台へ!

投稿日:04/05/2021 更新日:

半年くらい前に訪れた谷汲山華厳寺での戒壇巡り、岐阜の関善光寺にはもっと複雑な戒壇巡りがあるらしい。

ということで岐阜県関市の関善光寺へ行って卍型戒壇巡りを体験してきました。

卍型ってどうゆうこと?

夫と娘と一緒に体験した関善光寺山の卍型戒壇巡りと、立ち寄った安桜山公園展望台のご紹介です。

 

スポンサーリンク

名古屋から関善光寺アクセス

車の場合:東海北陸自動車道「関インター」より10分

電車:JR名古屋駅から岐阜駅へ、JR高山本線に乗り換え「美濃太田駅」下車、長良川鉄道美濃白鳥行き「関駅」から徒歩3分

バス:名古屋から名鉄バスセンターにて岐阜バス「美濃関行」関シティターミナルより徒歩7分

 

戒壇巡りとは?

お堂の下に作られた真っ暗な地下道を進むと錠前があり、それを触って戻ってくると身心が清められ極楽浄土へ行けるそうです。

まず疑問が湧くのは、卍型ってどういうこと?ということですよね。

全国に戒壇巡りは54寺あり、その全ての戒壇は通常「口」の字型であるそうなのですが、関善光寺の戒壇巡りは全国唯一の卍型の戒壇ということです。

また関善光寺の戒壇巡りの暗闇は49メートルあると言われ、それは人が亡くなってから成仏するまでの49日になぞられているそうです。

古くは僧侶の修行の場として作られたといわれています。

より複雑になっているということで、不謹慎ながら興味も湧きます。

西国三十三番札所谷汲山で華厳寺戒壇巡りしてきた話

 

いざ!卍型戒壇巡りへ!

300円を納めていざお堂の下へ入ります。

暗闇で光るシールを左の手の甲に貼ってスタート。

地下道は右回りで、左手にロープを伝って歩いていきます。

中は本当に真っ暗で、一筋の明かりも見えません。

これはロープから手を離すと絶対にまずい、一人で入ったらどうなるんだろうか。

地下に入って1〜2分くらいで錠前に触ることに成功、この錠前とご本尊様が繋がっており、この錠前を触ることによって直接ご本尊様から仏縁をいただけるそうです。

入り口から出口まで所要時間約5分、出口の明かりが見えてくると心底ホッとします。

目が見える、光がある、当たり前の幸せに感謝の念が湧いてきます。

 

安桜山展望台を目指して

戒壇巡りの後は境内から行ける安桜山の展望台を目指しました。

階段を登って鐘楼を通り過ぎ、結構ハードな石段を登って木々の緑が目にも鮮やかな山道を進みます。

10分ほどで安桜山展望台に到着、御嶽山や伊吹山も見えますよ。

階段巡りついでに気持ちよく歩くこともできました。

 

関善光寺山の卍型戒壇巡りまとめ

名古屋から関善光寺までは車で30〜40分ほど、思い立ったらすぐに出かけられます。

晴れていれば、ぜひ安桜山展望台を目指してください。

展望台からの眺めで疲れも吹き飛びますよ。

休日の良き体験となること間違いなしです。

 

西国三十三番札所谷汲山で華厳寺戒壇巡りしてきた話

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-国内旅行
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日本三大稲荷の一つ「豊川稲荷」狐千体のパワースポット

日本三大稲荷を調べてみると、伏見稲荷(京都市)、豊川稲荷(豊川市)、笠間稲荷神社(茨城市)が有力なようですが、伏見稲荷大社は問題ないようですが、残りの二つは諸説あるようです。 11月最初の三連休、絶好 …

【京都】雲龍院で写経体験!10種の罪悪を清めて50代の乱れがちな心を整える!

50代、体も心も乱れがちな今日この頃、これからの人生も焦りをなくして心整えて過ごしていきたい、最近よくそう思います。 字を書くのさえ億劫で面倒、そんな気持ちを整えるにはどうしたらいいか?そう思った時に …

名古屋から日帰り旅、秋の湖東三山金剛輪寺はみどころがたくさん

秋の行楽にぴったりの日帰り旅行、名古屋から約1時間の滋賀県を巡ってきました。滋賀県といえば琵琶湖くらいしか思いつきませんでしたが(失礼しました)秋の絶景を楽しめるスポットが数多くありました。 今回は湖 …

【夏の知床〜世界自然遺産】「観光船おーろら」と「ウトロ漁協婦人部食堂」でのランチ

諦めていた今年のお盆旅行、それがひょんなことから初めての北海道知床旅行へ。 知床といえば2005年に世界自然遺産に認定されましたが、私にとっては未知の土地、北海道へは札幌・小樽しか行ったことがなく、私 …

自然いっぱいの妻籠宿馬籠宿でパワーチャージ!食べ歩きも楽しい一人旅

2019年10月、思い立って妻籠宿馬籠宿へ日帰りバス旅行へ行ってきました。   目次1 妻籠宿馬籠宿基本情報2 馬籠宿の様子3 妻籠宿の様子4 妻籠宿馬籠宿名古屋からの日帰り旅の感想 妻籠宿 …

管理人:chiho

初めまして、chihoと申します。ごく普通の旅好き、スイーツ好きの主婦です。気がつけば50代、これからの人生は好きなことをしていこうと決意し、このブログを開設しました。50代からの旅はのんびり、やりたいことだけ!私の経験が少しでも皆さまのお役に立てば嬉しいです。

詳しくはこちらをご覧ください。

管理人プロフィール

チャンネル登録はこちら