50歳からの女一人旅〜海外から国内日帰り旅行まで

50代だっておしゃれに旅したい、女一人旅、名古屋近郊日帰り旅、50代夫婦旅、母娘旅一人、一人アフタヌーンティーなど。

海外旅行 グルメ

憧れのペニンシュラ香港でアフタヌーンティー!

投稿日:07/12/2019 更新日:

2019年1月、娘と初の香港旅行!

憧れのザ・ペニンシュラ香港の「ザ・ロビー」でアフタヌーンティーを楽しみました。

アフタヌーンティーの内容やその様子をご紹介します。

 

スポンサーリンク

ザ・ペニンシュラ基本情報

ザ・ペニンシュラ香港は香港にある最高級ホテルです。イギリスの統治時代が続いた香港、『東洋の貴婦人』とも称されるホテルで英国式のアフタヌーンティーをいただくことができます。

ザ・ペニンシュラ香港
Salisbury Road, Kowloon
Hong Kong, SAR

 

 

アフタヌーンティーの内容

アフタヌーンはアフタヌーンのサービスは14時からですが、14時前から行列ができます。

宿泊客以外は予約不可なので、14時前に行くことをおすすめします。

私たちは14時の20分ほど前に到着しましたが、結局30分ほど待ちました。

ほぼ観光客だと思われます。

お一人さま398HKドル、二名さまで718HKドルです。

ドリンクはザ・ペニンシュラ ティーコレクションからお好みの紅茶を選ぶことができます。

下からレーズンスコーン、セイボリー(サンドイッチなど)、スイーツが並んでいます。

ペニンシュラ名物のレーズンスコーンは、創業から変わらぬレシピで作られているそうです。

ティファニー特注品の食器で、生演奏を聴きながら、おいしいお茶とフードをいただくことができます。

なんてエレガントなんでしょう。

憧れのマンダリンオリエンタルバンコクでアフタヌーンティーを堪能する

アフタンーンティーのマナー

現在ではあまり堅苦しいマナーはありませんが、知っておくと自慢できるアフタヌーンティーのマナーをちょっとご紹介します。

アフタヌーンティーのフードを食べる順番があることをご存知ですか?

基本は温かいもの、スコーン、スイーツの順にいただきます。

それから紅茶をいただく時は、ソーサーも持ち上げていただくとエレガントです。

フォークとナイフが添えられている場合は利用しますが、ない場合は手で食べてもOKです。

 

全部食べきれない場合は?

食べきれない場合はスタッフにお願いすれば、お持ち帰り用の箱に詰めてもらえます。

持って帰ってホテルでいただきましょう。

ザ・ペニンシュラ香港「ザ・ロビー」のアフタヌーンティー感想

香港に行ったらぜひ体験したかったザ・ペニンシュラ香港「ザ・ロビー」のアフタヌーンティー。

とてもエレガントな時間を送ることができました。

春節を迎える香港のペニンシュラは写真映えもバッチリ。

女子旅に香港へ行かれる際はぜひ行ってみてくださいね。

この記事が皆さまのお役に立てば嬉しいです。

ザ・リッツカールトン京都のロビーラウンジでアフタヌーンティー体験、ドレスコードはあるの?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-海外旅行, グルメ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マンダリンオリエンタルバンコクでアフタヌーン体験した時の様子を撮影した写真

憧れのマンダリンオリエンタルバンコクでアフタヌーンティーを堪能する

バンコク超一流ホテル、マンダリンオリエンタルバンコク。   その1階にあるオーサーズラウンジは、映画「サヨナライツカ」の舞台にもなりました。 映画のみぽりんは本当に美しかったなぁ。 そのオー …

パリのグルテンフリー&ヴィーガン事情、人気のヴィーガンカフェ

私事ですが、お菓子教室を始めて8年になりました。フランス菓子をこよなく愛し、ヴィーガンスイーツのレッスンも開催しております。 そんなわけでパリのグルテンフリー&ヴィーガン事情も調べてみました。 &nb …

台北で大人気のパイナップルケーキ!試食もできる「SunnyHills」本店がおすすめ

台湾の定番お土産といえばパイナップルケーキ、「微熱山丘(SunnyHills)」は2013年東京の南青山にも進出しているパイナップルケーキの有名店です。   実際に台北の本店へ行ってみたらと …

台北親娘旅、セントレアからスターフライヤーで出発!

2019年12月21〜23日、娘と台北旅行へ行ってきました。 食べ歩きや高鐡(台湾新幹線)初乗車、台湾のヴィーガン事情などいろいろ体験してきたことをまとめます。   目次1 セントレア発台北 …

セントレアよりタイ航空でスワンナプーム空港へ!レートの良い両替所など

人生3回目の女ひとり旅はバンコクへ。 バンコクを選んだ理由はシンプルに、「行けそう。」と思えたから。 実際にセントレアから直行便もあるし、街中はBTS(高架鉄道)やMRT(地下鉄)などの公共交通機関が …

管理人プロフィール

管理人:chiho

初めまして、chihoと申します。ごく普通の旅好き、スイーツ好きの主婦です。気がつけば50代、これからの人生は好きなことをしていこうと決意し、このブログを開設しました。50代からの旅はのんびり、やりたいことだけ!私の経験が少しでも皆さまのお役に立てば嬉しいです。

詳しくはこちらをご覧ください。

管理人プロフィール

チャンネル登録はこちら