お出かけ大好き!50代主婦の旅ブログ

50代からはもっと人生を楽しみたい、夫婦旅、ホテルステイ、名古屋近郊日帰り旅、旅ファッション、50代ライフなど。

50代LIFE

【50代赤い服を着る!】派手に見せずに赤い服をどう取り入れる?

投稿日:

こんにちは。

子供の頃から赤は大好きな色でしたが、身につける色というよりは身の回りの小物などに選んできた色のような気がします。

20代30代の頃は若さもあってか、赤色の服を身につけるとどうしても派手にみられがちでしたが、程よく枯れてきた今なら赤色の洋服を素敵に着こなせるんじゃないかと思います。

今までさんざん黒やネイビーなど落ち着いた色を着てきた反動かもしれません。

そして明るい色といってもブルー系やイエロー系ではなく、やっぱり赤が着たいんですよね。

今日は50代が赤い服を着るということについて、コーディネートも交えて考えてみたいと思います。

スポンサーリンク


 

自分にぴったりの赤い服を見つけよう!

イエベ、ブルベなどのパーソナルカラー診断や、根本的に赤色が似合う似合わないということもありますが、赤色といっても明るめ、暗め、黄みがかった赤、朱色っぽい赤、さらには素材によっても見え方が違ってきます。

ちなみに私はイエベ秋です。

基本的に似合わないといわれている色は、顔まわりを避けて身につける(ボトムスなど)と良いといわれています。

最近は赤い服はあまり需要がないのか、数少ない種類の中から自分にぴったりの赤色を見つけるのが非常に困難になってきています。

これを解消するにはもう試着するしかありません。

お店やネットで気になった服を片っ端から試着しまくることを続けていると、次第に自分にしっくりくるパターンがわかってきます。

 

赤い服(トップス)のコーディネート

今回着用してい赤のアンサンブルは今季セオリーリュクスで購入したものです。

落ち着いた赤色とシアーな網目、リネンいがブレンドされているといることで夏でもさらっと羽織ることができます。

身長は160センチ、細身体型です。

50代赤い服を着る

赤いトップスにベージュのパンツ

顔まわりに赤色を持ってくると、顔の印象が華やぎます。

50代赤い服を着る

赤いトップスにネイビーパンツ

個人的に赤いトップスのボトムスにはネイビーを合わせた方が気持ち的にも落ち着きます。

ボトムスは黒よりソフトなネイビーの方が良さそうです。

50代赤い服を着る

赤のトップスに黒いマキシスカート

こちらは黒のスカートを合わせていますが、透ける素材なのでそれほど重さは感じません。

50代赤い服を着る!

赤いトップスにデニム

以前は赤いトップスにデニムって鉄板だったのですが、最近デニムが似合いません。

大好きだったデニムが、なんだかしっくりこない。

年齢によって似合う服が変化するのは当たり前のことですしね。

 

赤い服(ボトムス)のコーディネート

今回着用している赤いスカートは数年前にデミルクスビームスで購入したもので、ハリのあるコットン×ナイロン素材、やや明るめのブライトレッドのミモレ丈のスカートです。

最近は160センチの私にはスカート丈がどれも長すぎるものが多く、悩みのタネの一つになっています。

その中からさらに自分に似合う赤色の洋服を選び出すことは至難のワザのような気もします。

50代赤い服を着る

カーキTシャツに赤いスカート

ユニクロUのカーキのクルーネックTシャツに、赤いスカートを合わせました。

やっぱり赤には黒よりもう少しソフトな色を合わせた方がしっくりきます。

50代赤い服を着る!

茶のアンサンブルに赤いスカート

SLOANEのコットンシルクアンサンブルニット。

ブラウンも赤い服と相性がいいですね。

50代赤い服を着る!

ベージュブルゾンに赤いスカート

リネンレーヨン素材のブルゾンに赤いスカート、ベージュと赤は相性良しです。

50代赤い服を着る!

濃いグレーアンサンブルと赤いスカート

濃いグレーのロングカーディガンのアンサンブルと赤いスカートも相性良し。

ロングカーディガンは縦ラインを強調するのでよりすっきり見えると思います。

 

地味な私が赤い服を取り入れるには夏がいいか、冬がいいか?

誰もが気分的にも明るい服を取り入れたいと思う季節は春から夏にかけての季節だと思います。

陽気な気候になることにより、肌の露出も増えてくる季節です。

取り入れる洋服の素材も、コットンやリネンなどの軽い素材が多くなります。

秋から冬にかけて取り入れる赤い服は、ニットやサテン、ウールやカシミヤなどリッチで迫力が出る素材のものが多くなります。

ただでさえ迫力が出てしまいかねない50代が赤い服を取り入れるのは、

赤い色を春から夏にかけてカジュアルな雰囲気で取り入れると難易度が低いのではと思いました。

スポンサーリンク


 

小物で赤を取り入れる

雑誌などで見るスタイリストさんの話では、赤色は小物で取り入れると失敗しない、とよく話されていますが、ダークカラーでまとめた服装に足元やバッグに差し色を使うのは個人的に苦手でもあります。

なぜかしらコーディネートに統一感がないような気がしてしまうのです。

雑誌を参考にに赤い靴をコーディネートに取り入れようとしたこともありましたが、その靴はここ数年シューズボックスから出されることはありません。

それでもスタイリングによっては、「素敵だな」と思える場合もたくさんあるので、小物で取り入れるというのは大いに「あり」だと思います。

 

赤い服を取り入れるメリット

明るい色を着ることによって気持ちが華やかになることは間違いないです。

更年期の様々な症状などで悩みも増える年齢です。

赤いものを身につけると不思議にアグレッシブな気持ちになります。

色のパワーってすごいんですよね。

赤い服にパワーをもらうつもりで着こなしたい気持ちです。

 

自分に似合う服を知るには

自分に似合う服を知るのに一番の近道は、客観的に自分の姿を見つめる、ということに尽きると思います。

自宅の鏡で見る自分の姿と、街中でウィンドーに映る自分の姿、画像で見る自分の姿にギャップを感じたことはないでしょうか?

鏡の中の自分は「自分はこう見られたい」という主観が大きく影響します。

画像で見る自分の姿は周りから見られている姿そのもの、その客観的な画像で自分の本当に似合う服、似合わない服を見つけ出すことができます。

自分を撮影することは慣れないうちは苦痛でしかないけれど、結果的には自分の弱点なども把握でき、スタイルアップにつながるのではと考えています。

 

50代赤い服を着る!まとめ

赤にもいろいろありまして、落ち着いた赤色であれば大人も派手すぎず着こなせる色だと思います。

赤色をトップスに持ってきて顔色がくすむようであれば、ボトムスを赤色にしてみる、そうすることでほとんどの方に無理なく取り入れてもらえるのではないかと思います。

とにかく着たいと思ったら着ればよし、自分自身が気に入っていることが一番大切だと思いますから。

今後はワンピースにもチャレンジしていきたいと思います。

今日もお読みいただきありがとうございました。

 

【2021年】に50代女が購入して良かったファッションアイテム

【50代ファッション】大人のスニーカーは黒、白、どっち?

スポンサーリンク





 

 

-50代LIFE
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【50代からの歯列矯正】大人の歯列矯正インビザライン8ヶ月目、新しいアライナーのためにアタッチメントを付け直す!

記事内にプロモーションを含む場合があります。 50歳からでも歯列矯正は遅くない、歯列矯正の経過報告です。 マウスピース型の歯列矯正を初めて7ヶ月経過しました。 6ヶ月の検診で予定していたアライナーの実 …

【50代ファッション】50代が服を購入するときに考えること

こんにちは。 50代になってもファッションが大好き、40代まではついつい買いすぎてクローゼットがパンパンになってしまうこともよくありました。 失敗したと感じたものや数年着ていないもの、飽きてしまったも …

「マイ・ディア・ミスター〜私のおじさん」最近お気に入りの韓国ドラマをご紹介します!

記事内にプロモーションを含む場合があります。 おうち時間が増えて、最近海外ドラマにはまっています。 久しぶりに韓国ドラマ「「マイ・ディア・ミスター〜私のおじさん」にはまりました。 最初は娘のおすすめで …

ヘルシンキワールドの写真

【冬のお楽しみ】今年も旅と共にフィギュアスケート観戦を楽しんでます

今年のNHK杯 フィギュアスケート観戦シーズン到来!今年もこの季節がやってきました。 今年は北京オリンピックシーズンで、コロナもあったりでなかなかチケットも入手しにくいのが現実。 それでも母娘で推しの …

【50歳からの縮毛矯正】価格とか注意点とか、髪のストレスから解放された!

記事内にプロモーションを含む場合があります。 50歳になってから髪のクセや傷みが目立ってきました。 髪のクセが気になるからアイロンを当てて髪を伸ばす、その上40歳になってからは白髪を染めるために月1の …

管理人プロフィール

管理人:chiho

初めまして、chihoと申します。ごく普通の旅好き主婦です。気がつけば50代、これからの人生は好きなことをしていこうと決意し、このブログを開設しました。50代からの旅はのんびり、やりたいことだけ!私の経験が少しでも皆さまのお役に立てば嬉しいです。

詳しくはこちらをご覧ください。

管理人プロフィール